日常生活用具の申請方法(一例)~トラストロービジョン(見えにくい方へのケア)~

日常生活用具の申請方法(一例)

身体障がい者手帳の取得につきましては、お住まいの市区町村の福祉課か、眼科の先生にご相談ください。

身体障がい者手帳を持っている方の申請の流れ

  1. 希望する「日常生活用具」をトラストメディカルのような販売会社に相談するなどして機種選定を行います。
  2. 販売会社より「お見積書」「製品カタログ」を受け取ります。
  3. お住まいの市区町村の福祉課窓口に「お見積書」「製品カタログ」「身体障がい者手帳」「印鑑」を用意してご訪問ください。
  4. 福祉課窓口にて「日常生活用具申請書」に申請内容を記載し、申請の手続きを取ります。

視覚障がい者手帳等級表

1級
両眼の視力(万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折以上のある者については矯正視力について測ったものをいう。以下同じ。)の和が0.01以下のもの
2級
  • 両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの
  • 両眼の視野がそれぞれ10度以内で、かつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの
3級
  • 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
  • 両眼の視野がそれぞれ10度以内で、かつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの
4級
  • 両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
  • 両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの
5級
  • 両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの
  • 両眼の視野の2分の1以上が欠けているもの
6級
一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの

(指数弁は視力0.01、手動弁・明暗弁は視力0とする)